小学校受験教室は英心で|現役生が語る 小学校入試センター英心の魅力

たくさんのお子様、親御様が英心の魅力を実感されています。

クリックすると、該当する現役生の声をご覧いただけます。

◆決して強制することなく、
  子どもたちの心を導いてくださることに感激


 年中クラスでお世話になっております女児の母親です。
学校崩壊が社会問題化したのはいつの頃からでしょうか…。
残念なことに、この問題の解決策は一向に見えておりません。
それどころか年々、悪化の一途を辿っているのではないでしょうか。
親として娘の育つ環境はとても大切なことと考えておりますので、小学校受験は自然な形でした。
 大手のお教室に一度足を運びましたが娘を預けたいという気持ちにはなれず、どこか良いお教室はないかと調べていたところに、やっと出会えたのが英心でした。
英心のホームページにあるお言葉に心を打たれました。
 リンゴが食べたいと題し、
【リンゴの種を蒔き、リンゴを育て、リンゴの花を咲かせ、リンゴの実をならせなくとも、
モモの木からでも、クリの木からでも、カキの木からだってリンゴを実らせて食べたっていいじゃないか】
このようにお考えの先生であれば娘を預けても大丈夫ではないかという気持ちになりました。
 早速、体験教室に参加させていただいた後、いろいろと木暮先生にお伺いしたのですが、気が付けば2時間以上経っていました。
その間、嫌な顔一つなさらずに木暮先生は親身になってご対応してくださいました。
自分勝手な行動に猛省するとともに、この先生なら大丈夫と確信いたしました。
 年長クラス(年中児)の10月途中から入塾し、一カ月もすると、子どもたちの声や笑い声で賑やかだったお教室に変化が表れました。
授業が始まると教室は静閑となり、子どもたちは何をしているのだろうと思ったほどです。
聞こえてくるのは先生のお声のみ。
「ここは遊ぶところではなく、勉強するところです」
とおっしゃっていたことを思い出しました。
決して強制することなく、子どもたちの心を導いてくださることに感激致しました。
 英心では木暮先生がお一人ですべての授業を行います。
それ故に、子どもたち一人一人をよく見ておられます。
個性を尊重し忍耐強く接していただいております。
木暮先生の教育姿勢に導かれ、躾の必要性や日頃の何気ない生活の大切さなど、子を持つ親の責任は重いということを改めて痛感致しました。
木暮先生の言われる『よく見て、よく聞いて、よく話す』ということは簡単なようで難しいことです。
 かけがえのない娘の為に、私たち親も気を引き締めてこれからも木暮先生のご指導のもと、小学校受験に向けて親子共々邁進して行きたいと思います。


小学校入試センター 英心 OFFICISL SITE

英心の一日体験教室はこちらから


Copyright © 小学校受験センター英心~. All Rights Reserved.