小学校受験の始め方|小学校受験の現状

最新!! 小学校受験の出題傾向

最新!! 小学校受験の出題傾向「小学校受験ではどういう問題が出題されるの…?」
「何に気を付けて小学校受験対策をすればいいの…?」

このような疑問はこのページが解決!!
最新の出題傾向と小学校受験に取り組む姿勢についてもご紹介しています。


出題傾向ランキング

1位 記憶問題
「話を聞いて理解し、記憶する」この能力を応用した問題が、私立小学校・国立小学校を問わず出題されます。
2位 知能問題
知能の土台や論理的思考力を測るため、数の理解や操作といった知能問題が多く出題されます。
3位 言語問題
最近、多く出題されるようになったのが言語問題です。
考えたことや感じたことなどを素直に言葉に出せると◎
4位 作業問題
手先の器用さを測る巧緻性の問題も出題されています。
手は第二の脳、結果だけでなく取り組む姿勢・態度も考査の対象です。

小学校受験に取り組む姿勢

試験に取り組む姿勢この他にも「行動観察」「制作」「ゲーム」などを試験問題とする小学校が多くなっています。ペーパーテストだけでは、学校側が本当に知りたい「育ち方」「個性」「しつけ」といった要素を測ることはできません。ポイントは、「何事にも明るく前向きに取り組む姿勢」です。親御さんが学校側の立場になって第三者的な目線で「どのような子どもが欲しいのか」と考えると、小学校受験対策もしやすくなるかもしれませんね。


小学校受験センター英心の一日体験教室はこちらから


Copyright © 小学校受験センター英心~. All Rights Reserved.