小学校受験の始め方|志望校の選び方

暁星小学校

建学の精神
キリスト教の理念に基づく教育により、人格の完成をめざすとともに社会の福祉に貢献する人物を育成する。

教育理念
【神を愛する】
イエス・キリストが教示する神と人を愛する生き方が人間に相応しい自己実現の道であるとの教え。

【自分を大切にする】
自分のよさに気づき、個性を大切にして能力を伸ばす努力をする。

【他者を尊重する】
さまざまな考え方や個性・能力をもった人たちと学び合い、支え合い、育ち合う生き方。

教育目標
『困苦と欠乏に耐え、進んで鍛錬の道を選ぶ、気力のある少年以外はこの門をくぐってはならない』
いかなる社会情勢の中にあっても逞しい「心と体」で生きていく力を身につける。
「真・善・美」を愛する豊かな感性・知的好奇心と探究心・困難に対し果敢に挑戦する実行力。そうした力を支える基礎学力をしっかりと修得する。
この精神を「鍛える教育」として大切にし、次代を担うリーダーに相応しい「心と体」を培う。


暁星小学校入試対策

☆男子校最難関校☆
一次試験では父親卒業生&兄弟関係の考慮は一切なく、志願者の実力のみが問われ、至って公平に選考が行われるだけに合否の事前予想が容易。
多岐にわたる思考力に加え、素早い判断力を備え精神的にも自立したお子様であること。
また、ここ数年はモンスターペアレント排除の観点から行動観察(躾)&面接も重視。

☆2日間の日程で一次考査通過者のみ二次考査を受験。

☆一次試験(11月2日) ◎1グループ25名でペーパーテストを実施(考査時間30分)
話の理解 ・ 目の記憶 ・ 言語 ・ 知識常識 ・ 数量 ・ 図形構成 ・ 知覚推理
※テスト問題は一斉放送により進行されますので、過度な緊張からスピーカー音声がモゴモゴし て聴き取りづらい受験生もいますので、リラックスして臨めるよう努めましょう。
※難問は例題に倣って取り組ませますので、テスターの説明をそしゃくする言語能力と臨機応変 な思考力&判断力を要します。

☆二次試験(11月4日) ◎お子様の考査中に両親面接を実施(面接所要時間10分弱)
※面接では1次考査のテスト結果が面接官(校長先生・教頭先生・部長先生)の手元にあります。
・運動(基本的運動能力の確認):1グループ20名(考査時間30分)
跳躍 ・ ボール投げ ・ 8の字ドリブル ・ 模倣体操 ・ リトミック
※失敗を恐れずに自己を発揮できるよう日頃から思いっきり遊べるように努めましょう。
・行動観察(ルールの理解、協調性の有無) :1グループ10名(考査時間30分)
集団ゲーム ・ すごろく ・ 電車ごっこ ・ ドミノ倒し ・ 積み木遊び ・ 紙コップの積み上げ
※約束事をしっかりと守り集中して取り組めるよう日頃からけじめのある生活を心がけましょう。
・個別テスト:1グループ5名(考査時間30分)
条件画 ・ 折り紙 ・ 積み木 ・ 口頭試問
※臆することなく自信をもって冷静に臨みましょう。

  • コース紹介
    • 年長児クラス
    • 年中児クラス

英心の一日体験教室はこちらから

Copyright © 小学校受験センター英心~. All Rights Reserved.